Max for Live Plugin - AutoLayerGenerator | 制作メモ

Max for Live (M4L) Plugin - AutoLayerGeneratorをリリースしました。

f:id:NOEL-KIT:20170929025948p:plain

DOWNLOAD: https://meltika.com/product/autolayergenerator/

これまでDUB-Russellやふんわりちゃんで使用してきたMax/MSPパッチのM4L版です。リリースするにあたり、サウンドのブラッシュアップに加え、動作の軽量化・設定のリコール等各種操作性の向上も目指しました。また、自動生成だけでなく、MIDIキーボードからの演奏にも対応しています。

システムの概要は、6つのサンプリング・モジュールがそれぞれスケール的に噛み合う異なった設定で走行し、6段のレイヤーを生成します。楽曲制作の段階で、6台のサンプラーを1つのサウンド・メイクに使用するには、合理的な操作システムの構築が課題になりますが、このAutoLayerGeneratorを使えば1つのプラグインで解決できるうえ、CPU負荷も激減します。

サウンドの特徴としては、IDMエレクトロニカアンビエントの素材制作はもちろん、好みの音作りが難しいレイヤードパッドやSE、サウンドスケープ等も、手軽に色々なバリエーションを生成できます。また、ピアノやギター等のワンショットサンプルを読み込ませてフレーズを自動生成させたりも可能です。

また、2017年9月30日までにご購入いただきました方々には、特典としてもう1つのM4Lプラグイン"KickGenerator Jr."が付属します。

f:id:NOEL-KIT:20170911193309p:plain

こちらはサイン波・三角波矩形波をブレンドできるオシレーターを2機オクターブ違いで搭載し、各種さまざまなキック・サウンドを生成できるプラグインです。各オシレーターの位相の調整や、発音の度に位相をリセットするリトリガー機能、シュミットトリガーを基にキック専用にデザインしたオーバードライブ・エフェクトを搭載しています。MIDIキーボードのC2~B2が基本オクターブですが、お手持ちのサンプルの補強にも使えるようスーパーローから高域までカバーできるようになっています。

M4Lプラグインの出音のディレクションやUIデザインはPhasmaさんにお願いしました。デモプレイ動画も制作していただいたのでぜひご覧ください。

www.youtube.com


M4Lの第2弾や、ワークステーション型の.app / .maxpatのセットも現在開発しております。皆様の楽曲制作のお供ににご活用いただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

DOWNLOAD: https://meltika.com/product/autolayergenerator/