Max/MSPでMS処理

f:id:NOEL-KIT:20170727011241p:plain

Max/MSPでのMS処理の簡単なパッチです。

MS処理の基本的な計算は、
L+R=M (Mid)
L-R=S (Side)
です。

その状態で、EQやコンプレッサーを使って音圧・音像を調整し、
M+S=L+R+L-R=2L
M-S=L+R-L-R=2R
といった感じでLRに戻します。

その際、それぞれ2L・2Rになっているので計算的には*0.5なのですが(Peak)、
上記パッチではRMSで計算して*0.707にしています。