制作メモ | R. OPS #3

日本の伝統的なリズムを勉強しながら四つ打ちに反映する試みをしています (詳細)。 Max/MSP パッチのモジュールを一つずつ改良しているのですが #3.1-3.4 で主にキックとスネアのモジュールの調整をしました。


( #4.1-4.8 完了まで公開)

キックが FM 変調できるように、スネアが FM 変調 / RM 変調できるようになったので発色が良くなった気がします。コンプレッサーをマルチコンプレッサにしたので帯域ごとの締りが調整しやすくなりました。また、グリッチに [comb~] フィルターを採用したのですが、グラニュラーと出音の差があまりなくなってしまったのでまとめてしまうか検討中です。その他、ベースに [tanh~] を追加しました。フィードバック対策やサチュレーションに [tanh~] は効果的なのでおすすめです。

以下、変更箇所のまとめです。

Module Update
Sequencer Clock -
Swing -
Synth / Sampler Kick FM 変調の機能を追加
Hi Hat -
Snare / Percussion RM 変調の機能を追加
Bass サチュレーション的に [tanh~] を追加
Layer Generator Sampler -
Channel Strip Volume -
Panner -
Effector Compressor マルチコンプレッサに変更
Delay -
Filter -
Glitch [comb~] を採用
Granular -
Graphic EQ -