制作メモ | R. OPS #2

日本の伝統的なリズムを勉強しながら四つ打ちに反映する試みをしています (詳細)。 Max/MSP パッチのモジュールを一つずつ改良しているのですが #2.1-2.7 で主にチャンネルストリップとフィルターのモジュールの調整をしました。


( #3.1-3.4 完了まで公開)

ボリュームの変化を BPM に追従するようにしたので、スッキリ切れるようになりました。フィルターに [filterdesign] を使うことで、変なフィルターをお手軽に作れて面白かったです。その他、パンニングに使用している LFO を二段階にしたことで自由度が増しました。

以下、変更箇所のまとめです。

Module Update
Sequencer Clock -
Swing -
Synth / Sampler Kick -
Hi Hat -
Snare / Percussion FM 変調の機能を追加
Bass -
Layer Generator Sampler -
Channel Strip Volume BPM に追従 / 変化のカーブを [curve~] から [function] に
Panner LFO を二段階に
Effector Compressor -
Delay -
Filter [biquad~] から [filterdesign] に
Glitch -
Granular サンプル&ホールドのモジュールを入替
Graphic EQ -